「食人しょくにん」のこだわり

自然と食を楽しむ
~こだわりの天然素材~
「食人しょくにん」では、安心安全の天然素材にこだわっています。
良い素材を使って、お客様にご安心いただける商品を作り上げ、お喜びいただけることが、食に携わる人間の幸せだと思うからです。
そんな食人のこだわりの素材をいくつかご紹介します。

国産小麦粉

img
外国産の小麦は船便で運ばれるため、運搬中に問題が起きないよう、身体に害のない量ではありますが、防カビ剤等が散布されます。やむを得ない処理ではあるのですが、 そういった『余分な』ものを取り入れずに済むなら、それが一番だと思います。
毎日食べていただくパンやスイーツを安心してお召し上がりいただくために、 2015年9月より、原材料の小麦粉を国産に切り替えました。国産小麦は、残留農薬等に厳しい基準が確立され、検査を通ったものだけが流通しています。食人では、群馬県産黄金鶴と北海道産のゆめきらりを使用いたします。

●群馬県産 黄金鶴
添加物を一切使用せず、小麦のタンパク質(グルテン)を調整し高度に強力化。風味良くボリュームに富んだパンができます。
ゆっくり発酵する天然酵母との相性も抜群です。

●北海道産 ゆめきらり
契約農家が土作りから行い、トレーサビリティが確立した優良小麦品種をブレンド。
低アミロースでもちもちした食感に仕上がります。

白神こだま酵母

白神こだま酵母の産地・秋田県白神山地
食人のパンは、すべて『白神こだま酵母』で作られています。『白神こだま酵母』は、世界自然遺産「白神山地」の遺産指定地域内で採取した腐葉土から分離・選抜し、安全に純粋培養した有用野生酵母です。
従来のパン用酵母と比較して、冷凍耐性、乾燥耐性、発酵力等すべてにおいて、優れたパン製造力を有します。
自然界に存在する糖分の一種である「トレハロース」を他の酵母より多く含んでいるため、パンがほんのり甘くしっとり焼き上がるだけでなく、発酵時の炭酸ガスの発声スピードが適度に遅いため、小麦粉のグルテン結合が壊れずに、ガスをしっかりと包み込み、ふっくらしたパンに焼きあげることができます。
『白神こだま酵母』は、秋田県の財産として県が管理し、許諾した少数の代理店から「酵母の特性を理解し、また酵母の特性に対応しうる製造技術を有する者」に限って販売されています。

てんさい糖

お菓子やケーキに使われている「てんさい糖」は、「砂糖大根」とも言われるカブに似た「甜菜(てんさい)」という食物から取れ、洗った根の部分を千切りにして、温水に浸して出た糖液を煮詰めて作ります。
さっぱりとした甘みとまろやかな風味があり、天然のオリゴ糖が含まれています。 オリゴ糖は多糖類なのでゆっくりと消化され、おなかにやさしいお砂糖です。
日本で砂糖というとサトウキビが有名ですが、ヨーロッパではてんさい糖が主流で、世界の砂糖の約3割は甜菜から作られています。

沖縄の海水塩

食人で使うお塩は、沖縄糸満沖合2千メートルの海水をくみ上げて濃縮し、昔ながらの平釜製法でじっくり煮詰めて作った塩。
海水100%を原料とし、海水に含まれるにがり成分(カルシウム、マグネシウム)をほどよく含み、ほのかな苦みと甘みが特徴の、素材の旨味を活かす海水塩です。 

こめ胚芽油

ビタミン、ミネラルが豊富に含まれた、米ぬかからできた米油。油特有の臭みがなく、素材の味や香りを邪魔しない、さっぱりと軽い油です。
植物ステロール、トコトリエノール、「γ-オリザノール」という天然成分が含まれ、血中コレステロールの低下や動脈硬化への治療効果があると言われています。
油っぽくなく、胃もたれのしにくいヘルシーな油です。 

食人は、フードスクール直営店

img
食人は、フードスクール「リライブフードアカデミー」の直営店舗です。
将来の食のプロを育てるフードスクールの経営母体だからこそ、食材や製法にこだわり、お客様にお喜びいただける商品をひとつひとつ手作りで作り上げています。
お店では、実習課程を合格修了した研修生が、プロであるスタッフや講師の監修のもと、実際にパンやケーキの製造にあたる「現場研修」も行われています。
プロとして厳しい品質管理や安全管理を行い、作り上げた商品でお客様にお喜びいただく。
食の仕事の厳しさと喜びを経験した研修生たちは、真のプロフェッショナルとして開業・就職の道に進んでいきます。
時には、研修生が開発したオリジナル商品が店頭で販売されることもあります。
食人は、食の業界に熱意を燃やす人たちが働くお店でもあるのです。

リライブフードアカデミーのページはこちら
 
TOPへ
Copyright(c)re-live All Rights Reserved.